ChromebookはLinuxベースのChrome OS (Googleが設計) をオペレーティングシステムとして実行するノートパソコンあるいはタブレットです。 デバイスは、主にGoogle Chromeブラウザを使用してさまざまなタスクを実行するために使用され、ほとんどのアプリケーションとデータはマシン自体ではなくクラウドにあります。

ほとんどのChromebooksにはロックされたブートローダーがあり、Windows、LinuxBDE、あるいはその他の外部のオペレーティングシステムからの起動を防止します。ロックを解除する手順はブランドやモデルで異なり、一意の標準的な手順を提供することができません。Chromebookのメーカーとモデルがわかれば、インターネットにはこの難しいロック解除を行うための有用な情報がたくさんあります。以下のリストは網羅的ではなく、ブートローダーのロックを解除し、別のオペレーティングシステムを起動するために必要ないくつかの方法のみを提供します。

  • 開発者モードを有効にします (起動中にいくつかのキーを押し、次にいくつかの画面/メッセージをバイパスする必要があります) 。
    • 場合によっては、このモード (デフォルトでオフ) は管理者のみが有効にでき、Chromebookを有効なドメイン (例えば学校など) に接続する必要があります。
  • 代替方法:
    • ChromebookのBIOSを変更します (レガシーブートの有効化には、端末でいくつかのキーを押し、いくつかのコマンドの入力を要求されることがあります) 。
    • 電源ボタンを押しながら、ユニットの側面の小さな穴にペーパークリップ、あるいは何か細い物を挿入します。
    • 背面カバーを取り外してネジを回すかまたはいくつかのピンをショートカットします (この操作を行うとドライブデータの全データが削除され製品保証が無効になります) 。
  • USBブートを有効にします (端末でいくつかのキーを押し、いくつかのコマンドの入力を要求されることがあります) 。
  • 最後に、BDEのイメージを含む起動用USBメモリでマシンを起動します。

Chromebookのロックが解除され、BDEの起動に成功する場合、これらマシンに対するBDEのサポート状況は良好で消去は問題なく機能します。


重要:

Chromebookを消去する必要があるユーザーは、前の所有者がデバイスを開発者モードにしたかどうか、マシンが「クラウドロック」されていないか、そして管理者パスワードを要求されるかを確認する必要があります。

注意:

特定のChromebookモデルとドライブ (マシン:GOOGLE Link、ドライブ:SanDisk SATA SSD i100 32GB) の場合、「Blancco SSD Erasure」や「NIST 800-88 Purge」などの消去規格で消去に成功しますが、マシンを再起動してもドライブが表示されなくなります。ドライブは内部的には参照可能ですが、使用できません。この現象について調査した結果、ドライブを消去 (Purge) するファームウェアベースの消去コマンドによってドライブがブリック化したため、原因はおそらくドライブファームウェアの欠陥であると結論付けられました。回避策は、これらのドライブを通常の上書き (Clear) のみで消去する (たとえば「Aperiodic random overwrite」、「HMG Lower Standard」または「DoD 3-paases」を選択)と同時に、リマップセクターの消去と隠し領域の削除を無効にすることです。