新方式のライセンスを利用する前提として、お客様は事前に「プロダクトキー」とアクティベーション手順を含む電子メールを受け取っていなければなりません。

アクティベーションの方法としては「オンライン」と「オフライン」の二種類が選択可能となっています。オンラインアクティベーションの場合、HASPキーを接続した作業用マシンを直接インターネットに接続する必要があります。オフラインアクティベーションの場合、作業用マシンをインターネットに接続する必要はありませんが、リクエストファイル (C2Vファイル) を生成した後、他のマシンを使うなどしてインターネット上のライセンスアクティベーションポータルにアップロードする必要があります。アップロードするとライセンスファイル (V2Cファイル) がダウンロード可能になり、V2CファイルをHASPキーに対して適用することでライセンスアクティベーションが完了します。適用する際はインターネット接続は必要ありません。

※オンラインアクティベーションの方法は「HASPキーのオンラインEMSライセンスアクティベーションのほうをご覧ください。Blancco Management Console (バージョン3.6.1以上) を使ったアクティベーションの方法は「Blancco Management ConsoleによるオフラインEMSライセンスアクティベーション」をご覧ください。

注意 オフラインアクティベーションの過程で使用するソフトウェア

  • Windows OS
  • RUS_MOXZM Windowsツール
  • HASP HLドライバー。これはGemalto download siteで公開されているものです。


1. ライセンスアクティベーションポータルを開く。リンクは納品時のEメールに記載されています。

注意: Google ChromeではV2Cファイルをダウンロードできないため、FireFoxをご利用ください。


2. 納品時のEメールに記載されているプロダクトキーを使ってログイン。
3. "Offline activation" を選択。


4. "Generate License" ウィンドウからRUS tool (Remote Update System) をダウンロード。


5. RUSツールを実行してC2V-fileを生成。
    a. RUSツールを実行する前に、ライセンスを登録したいHASPキーを接続してください。 
    b. "Collect Information"をクリック。

    c. 生成されたファイルを保存。


6. C2Vファイルを"Generate License"ウィンドウにアップロードし、"generate"をクリック。


7. V2Cファイルをダウンロード。

8. RUSツールでV2Cファイルをアクティベート。
    a. "Apply License File"タブをクリック。
    b. "..."をクリックしてV2Cファイルを選択。
    c. ファイルを選択した後、"Apply Update"をクリック。